Flash待ち受けBLOG

Page: 2/49  << >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

このエントリーを含むはてなブックマーク| スポンサードリンク | | - | - |

シルエット素材サイトオープン

 関係あるとしたらあるしないとしたら無いんだけど、影絵ばかり集めたシルエット素材のサイトをオープンしました。
とりあえずドット絵の素材サイトDots design と同様に商用でも非商用でもフリーで使えるんで欲しい人は素材使ってみてください。

シルエットデザイン


シルエット一覧

多分待ち受けに使った影絵もサイトにあると思うし、逆にこのサイトにもこのシルエットを利用した、新たな待ちうけが登場するかもしれません。
Flashとベクター素材って相性いいからね。

シルエット素材サイト silhoette design
このエントリーを含むはてなブックマーク| ダーヤマ | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

ハロウィン


フライングで作った仕事で使うつもりのハロウィン待ち受けが予想した仕様とちがった為にお蔵入りに。

まー気を取り直して、こっちで公開することにしました。ホントは時計、電波、電池の量によって、
いろいろと変化させるつもりだったんですが、めんどくさいのでこのまま公開します。

ハロウィンって徐々に浸透してきましたね。お店行くとまったく似合ってないハロウィンのトンガリ帽子を被ってウロチョロしている売り子さんがいたので、ちょっとほほえましかったです。

待ち受け画像は無料でダウンロードできるので、欲しい人はDesign Flash Wall galleryでダウンロードして下さい。
このエントリーを含むはてなブックマーク| ダーヤマ | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) |

待ち受けYGGDRASILLと製作ソフトについて

 ユグドラシル待ち受け

galleryに待ち受けYGGDRASILL追加しました。

携帯Flashラボなんて大げさな名前をつけたこのブログですが、いつの間にか作品の展示場と化してはや1年。久しぶりに、待ち受けFlashの作り方をかるーく書いてみようと思います。
待ち受けFlashの作るためにactionscriptからって先入観持っている製作者の方も多いんですが、実は、待ち受けFlashに必要なaction scriptは無いんですよね。これが。

せいぜいfscommand2("SetQuality" , "high" );
ぐらいです。意味は「綺麗に出力しろ」って命令です。
無くてもいいんですが、これを1行目に書いてないとややシャギーが目立つ場合があります。それ以外は時計をつけたり、電波や電池によって何かを変えたりしなければ、必要ありません。
しいて言うならstop()とgotoAndPlay()かな。この辺はFlashを触ったことがある人はもうすでに知っているはず。

ということなのでactionscriptは過去のエントリを参照してもらうことにして今回は大まかな作り方の流れを話したいと思います。 作れない人は、多くの場合actionscriptの前でつまづいている。

■準備1.
まず大前提に作りたいものとかアイディアがある事。

これが無いと多分いくらactionscriptをマスターしたところで作れないです。最初はものすごく幼稚なことでいいんですよ。むしろ、途中でめんどくさくなって投げ出さないようにできるだけ、簡単なものがいい。絵心がある人だと自分の絵を少し動かすなど。絵に自身が無い人は画像を2枚か3枚使って連続表示の繰り返しのループにするとか。これだとアイディア考えるのも簡単でしょ。
例えば、普通の顔、怒った顔、困った顔の写真を連続で切り替えるとか、自分とか知り合いだと結構それだけで面白いものになります。


■準備2
ソフトを準備する。

準備1の作りたい待ち受けFlashのアイディアが浮かんだら次にソフトを用意しましょう。
必要なソフトはFlashというソフト。最新版はFlash CS4です。

結構お高いので、まずはAdobeのホームページに行って体験版を落としてくるのもあり。
1ヶ月無料のお試し期間があります。
あなたがWEBデザイナーであるならば、買わざるを得ないでしょう。

flashcs4
場合によって同じAdobe社のIllustratorphotoshop、もしくはFireWorksというソフトがあると大変便利。
Design Flash Wall galleryの待ちうけは大半はillustrator+Flashで製作してます。
illustratorとphotoshopの違いは、前者はベクターデータ(線画系)を主に扱い、後者はビットマップデータ(写真系)を扱います。

大体下のようなイメージ。線画系のイラストはIllustratorを使わなくてもFlash単体でできないことは無いです。とりあえずは体験版なんかで試してみましょう。グラフィックやWEB系のクリエーターを目指す人には、Flash+photoshop+Illstratorはどうしても必須になるので、お金をためていずれ手に入れましょう。セットでお値打ちなものもあります。といっても単品それぞれ購入するようリお得というぐらいで高額ですが… バージョンは特に高度なことをしない限りは、3〜4段階低いバージョンでも問題ないです。




■製作1
素材の用意。
線画のイラスト系だとイラストがいるので適当に紙に手書きでアイディアをイラストに起こしましょう。いきなりFlashとかillustratorで書いたところで大抵うまいものは書けません。
手書き最強です。
手書きしたものをスキャナもしくはデジカメで撮影してイラストレーターもしくはFlashに読み込んでトレースします。 実はここが最大の山場。トレースは熟練しても結構面倒です。
だから最初は簡単なものに。

トレース



画像系は場合によってphotoshopで切り抜きやレタッチをする。
フォトショップでパス抜き
ペンタブレット
ペンタブレットがあれば更にトレースや切抜きに便利。


■製作2
Flashでオーサリング。
ここまでくれば後は何とかなります。
まずは240×320ピクセル Flashlite1.1の書き出し設定で新規ファイルを開きます。

先ほど製作1で作った素材を配置します。
illustratorで作ったイラストはコピー&ペースト。jpgやphotoshopで作成した画像はCtrl+RでFlashに読み込みます。

配置した素材に適当にアニメーションをつけて書き出します。

イラストレーターやFlashで作った素材はベクター形式なので、拡大縮小、回転させても素材が荒れませんので、自由にアニメーションさせることができます。Design flash wall galleryでイラスト形が多いのもその為。

ビットマップ素材はタイムラインに順番に配置してパラパラアニメっぽくするのがセオリー。場合によってトゥイーンアニメーションも使いますが、回転や拡大すると画像が荒れるので、横縦斜めの平行移動。透明度を変化させるフェードインフェードアウトを使って動きをつけましょう。

都度プレビューして動きを確かめます。最近のFlashにはデバイスセントラルという、携帯端末をエミュレートするソフトが付属しているので、そこで動作確認をしましょう。

大体納得したらサーバーにファイルをあげて携帯電話でDownload。直接端末にメモリなんかで転送しても大丈夫です。待ち受けに設定して楽しみましょう。


最初は簡単なものから初めて、時計機能、電波、電池量によって変化など徐々に高度な待ち受けに挑戦するのがいいでしょう。
まずは作ってみるのが大切です。

あとクリエーターを目指す人なら、イラストレーターとフォトショップが扱えればFlash待ち受け以外にも紙媒体、WEB、動画作成などいろんなところで使えるので重宝します。まずは体験版で自分に合うか試してみてください。



このエントリーを含むはてなブックマーク| ダーヤマ | 02:40 | comments(0) | trackbacks(0) |

電球待ち受け

くらしき

お盆に帰らなかった実家に帰ってきたついでに倉敷の町並みを写真に写してきた。
帰るたびに変わっているので驚く。

ま、それはそれとして新しい待ち受けを追加しました。
電池残量によって多少変わります。・・・・・・それだけです。
一応表記上は240×320と240×400しか対応してないですが、
じつは240×400〜240×500ぐらいの携帯電話であれば、最近エントリしたものは対応してます。


電球待ち受け

Design flash wall gallery「待ち受けidea
このエントリーを含むはてなブックマーク| ダーヤマ | 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Recommend

Recommend

Adobe Flash CS4 Professional (V10.0) 日本語版 Windows版
Adobe Flash CS4 Professional (V10.0) 日本語版 Windows版 (JUGEMレビュー »)

ここにある待ち受けはこのソフトで作ってます。ありがたや。

FLASH待ち受けギャラリー

Search

Entry

Comment

Profile

Archives

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode

Sponsored Links


トップページお問い合わせ
Copyright © 2007 TopeconHero's . All Rights Reserved.
TopeconHero's(トペコンヒーローズ)