スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

このエントリーを含むはてなブックマーク| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>

電池残量で待ち受け表示を変える方法  携帯向けFlash講座Tips5

携帯向けFlash講座 Tips5です。

Flash lite 1.1から携帯電話の電池残量充電中であるかどうかを、fscommand2によって取得することが出来るようになりました。この新しいactionscriptによって、待ち受けFLASHの表示を変えることが出来き、いろいろと面白いギミックを待ち受け画面に仕込むことが可能です。

それでは、今回の電池残量によって画面表示が変わる簡単なサンプル作成の流れを把握しましょう。
●その1.電池残量によって変えたい画像またはムービーを用意する。
 ↓
●その2.現在の電池残量をfscommand2で取得する。
 ↓
●その3.電池残量によって変えたい画像を表示する。
以上が流れです。

では実際にサンプルを作ってみましょう。

その1.電池残量によって変えたい画像またはムービーを用意する。


今回は、下記のような電池残量ごとに変える画像を4枚用意し、まとめて一つのシンボルに変換しました。そしてまとめたシンボル内で先ほどの画像を2フレーム目から5フレーム目に配置します。



その2.現在の電池残量をfscommand2で取得する。


電池の残量はfscommand2のGetBatteryLevelで取得できますので、変数battLevelに取得した電池残量を代入します。 このbattLevelは今勝手につけた変数名なのでお好きな名前でどうぞ。


battLevel = fscommand2("GetBatteryLevel");//電池残量の取得



その3.電池残量によって変えたい画像を表示する。


さきほど「その2」で電池残量を取得したのでその値によって、表示する画像を変えるactionscriptをシンボルの1フレーム目に記入しましょう。
電池残量なしが0、
あと順に1、2 
最大3がGetBatteryLevelで取得できる値です。
ですので、0の時は2フレーム目に配置した画像に飛べばいいのですから
gotoAndStop(battLevel+2);でOKですよね。
その2からまとめると


battLevel = fscommand2("GetBatteryLevel");//電池残量の取得
gotoAndStop(battLevel+2);//電池残量に応じたフレームへジャンプ。


以上です。
このエントリーを含むはてなブックマーク| ダーヤマ | 14:15 | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク| スポンサードリンク | 14:15 | - | - |
Comment
すばらしい、情報サイトをありがとうございます。
実際に待ち受け画面を作らせていただいてます。
すみませんが、
この電池に反応するサンプルflashもダウンロードさせていただけませんでしょうか?

Posted by: いむら |at: 2009/11/26 6:54 AM








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Recommend

Recommend

Adobe Flash CS4 Professional (V10.0) 日本語版 Windows版
Adobe Flash CS4 Professional (V10.0) 日本語版 Windows版 (JUGEMレビュー »)

ここにある待ち受けはこのソフトで作ってます。ありがたや。

FLASH待ち受けギャラリー

Search

Entry

Comment

Profile

Archives

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode

Sponsored Links


トップページお問い合わせ
Copyright © 2007 TopeconHero's . All Rights Reserved.
TopeconHero's(トペコンヒーローズ)