Flash待ち受けBLOG

Page: 1/1   

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

このエントリーを含むはてなブックマーク| スポンサードリンク | | - | - |

デハラユキノリ CAKEEESが1/6日からスタート

さすがティーチャーも裸足で走りだす師走。
いろいろやることが山積していてまったくほったらかしのこのサイトですが、右上のブログパーツに注目。

いいでしょこれ。

本来ならば、自分のサイトに他の人の作品のブログパーツとかは貼りたくないんですが、この人のは例外。

ひそかに尊敬しているクリエーターの一人であるデハラユキノリ氏の個性的過ぎるフィギュアを使ったCAKEEES(ケーキーズ)というショートムービーのブログパーツ。

1月6日から始まるCAKEEESはデハラユキノリ氏のフィギュアの魅力もさることながら、監督撮影にCM界の鬼才竹内スグル、構成に鈴木おさむを迎えた無駄に力の入りまっくった意欲作です。内容もかなりエキセントリックで一見の価値あり。

⇒CAKEEES/ケーキーズの詳細およびブログパーツゲット

今回、なんとありがたいことに、このCAKEEESのサイト制作に関わらせて頂きまして、その関係や他の案件などいろいろ忙しかったので更新がストップしていた次第であります。また、暇を見てぼちぼちと更新再開いきます。
このエントリーを含むはてなブックマーク| ダーヤマ | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

花鳥風月待ち受け

Design flash wall galleryに花鳥風月待ち受けをアップしました。

シカのすむ深い峡谷に小川が流れる。昔出張で長野に行ったとき電車の中からこういう光景が見えた。住んでみたいなと思ったが、その後、まあ2日で飽きるなと思い直した。
たまにはこういうまじめにFlash待ち受けを作るのもいいですね。


flash待ち受け「花鳥風月」Flash待ち受け「花鳥風月」

画像クリックで「Design Flash Wall Gallery」のFlash待ち受けギャラリー
このエントリーを含むはてなブックマーク| ダーヤマ | 22:51 | comments(0) | trackbacks(1) |

待受Flash 「fine dot's」をデザインフラッシュウォールギャラリーに追加

デザインフラッシュウォールギャラリーに
さわやかなドット柄のFlash待受を追加しました。



無料でダウンロード可能です。
ダウンロードするにはギャラリーのほうへ移動して、待ち受け画面の下にあるQRコードをお持ちの携帯電話で読込んでください。 その後は、各携帯機の保存機能で保存してください。

このエントリーを含むはてなブックマーク| ダーヤマ | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

携帯待ち受け Flash時計の作り方 その2

さて前回簡単にFlash時計を作りましたが、ちょっと不恰好なんです。

何がって言うとね。時間、分、秒の値が1桁の場合ちょっとかっこ悪いんですよ。
という訳で数字の桁が一桁の場合、十の位に0を追加します。


では前回の流れの中に「数字の桁が一桁の場合、十の位に0を追加」を入れます。
●その1.時間、分、(秒)を取得する
 ↓
●その2.数字の桁が一桁の場合、十の位に0を追加
 ↓
●その3.ダイナミックテキストに加工した時間分を代入する。


時間の桁が一桁の場合、十の位に0を追加してみよう


時間の取得はfscommand2("GetTimeHours")でしたよね。
ではこれを仮にhoursという変数に代入しましょう。
(※hoursって変数は今勝手に私が作りました。)

hours = scommand2("GetTimeHours");//変数hoursに取得した時間を代入。
hoursが一桁の時というのは hours<10と表せますよね。ですからaction scriptでいえば
if( hours < 10 ){
十の位に0を追加する処理;
}
です。

十の位に0を追加する処理


まず取得した時間(数値)を文字列にしてしまいます。
文字列への変換には関数Stringを使います。
hours = String( hours ); //hoursの値(数値)を文字列に変換してhoursに代入

hours = String( hours );という式は数学的にはおかしいと思われるますが、プログラミング的には代入です。数学的な「=」を表したい時は 「==」です。もっともFlash lite 1.1のときは「eq」ですが、この辺が何ともわかりにくいです・・・


文字列の足し算は Flash lite1.1 では「 + 」ではなく 「 add 」を使います。
それでは先ほど文字列化したhoursに文字列"0"をたして2桁にしましょう。
h = "0" add hours; // 変数hに文字列 "0"とhoursに入ってる文字列をくっつけて代入する。
これでOKです。 分も秒も同様にします。まとめると以下のアクションスクリプトになります。Flash時計の作り方のシーン1の1フレーム目を書き換えてみてください。


/*時間*/
hours = fscommand2("GetTimeHours");
if( hours<10){
hours = String(hours);
hours = "0" add hours;
}
h = hours;

/*分*/
minutes = fscommand2("GetTimeMinutes");
if( minutes<10){
minutes = String(minutes);
minutes = "0" add minutes;
}
m = minutes;

/*秒*/
seconds = fscommand2("GetTimeSeconds");
if( seconds<10){
seconds = String(seconds);
seconds = "0" add seconds;
}
s = seconds;



これで数字が一桁の場合も0が前に追加されて見栄えがよくなりましたね。




Size:240×320px
PCでプレビュー

携帯でプレビュー(qrコードから)






動作確認はDocomoのP902iSで行ってます。よろしかったら他の機種での動作報告もよろしくお願いいたします。
このエントリーを含むはてなブックマーク| ダーヤマ | 20:08 | comments(3) | trackbacks(0) |

携帯待ち受け Flash時計の作り方 その1

さあはじまりました。携帯Flashラボ。

まず第一回目は、お手軽に携帯待ち受けFlash時計を作ってみようと思います。
製作ソフトはFLASH8です。FLASH MX 2004でもOKです。結構良いお値段しますので、興味ある方はまずは体験版を落としてきましょう。

テンプレートから選ぶかパブリッシュ設定でバージョンをFlash lite1.1に、ステージの大きさを240px×320px(携帯により異なる)に設定します。最近の携帯は大体Flash lite1.1をサポートしてます。
なんだか聞くところによるとFlash lite2.0ってのが出たらしいですが、私はしりません。
いずれ覚えなきゃならんのでしょうか・・・・・はあ・・・

では下準備が出来たところで気を取り直してまず大まかな流れを把握しましょう。
●その1.時間、分、(秒)を取得する
 ↓
●その2.ダイナミックテキストに取得した時間分を代入する。
流れは以上です。簡単でしょ。

STEP1 時間の取得!


Flash lite1.1では時間を取得するためには、
fscommand2("GetTimeHours")を使います!

PC用のFlashではdate=new Date();でオブジェクトを生成してからdate.getHours();でしたよね。コレ携帯には使えませんからご注意を!



つぎは分の取得


分はfscommand2("GetTimeMinutes")で取得できます。
同様に秒はfscommand2("GetTimeSeconds")で取得。


それでは次はダイナミックテキストを用意しましょう。


ステージにダイナミックテキストを3つ配置します。それからプロパティパネルにてそれぞれ変数を設定し、フォントを埋め込みます。なるべくカッコイイフォントにしましょう。



ここでは、時間の変数は「h」、分の変数を「m」、秒の変数を「s」にしました。

時計なので、0-9までの数字を埋め込むことを忘れずに!



取得した時間、分、秒をダイナミックテキストの変数に代入


全体を2フレームにしてScene1の1フレーム目に下記アクションスクリプトを記入します。


h = fscommand2("GetTimeHours"); // 変数hに取得した時間を代入。
m = fscommand2("GetTimeMinutes"); //変数mに取得した分を代入。
s = fscommand2("GetTimeSeconds"); //変数sに取得した秒を代入。


たったこれだけです。
記入し終わったらパブリッシュして確認してみましょう。

不恰好ながらも時計ができましたね。 次回は少しかっこよくしてみましょう。

全体を2フレームにして1フレーム目にアクションスクリプトを記述したのは、携帯(Flash lite1.1)の場合、onClipEvent(EnterFrame)が使えないためです。なので常にループさせて時間を取得してます。こうしないと最初に時間を読込んだっきり動きません。



Flash時計のサンプルはこちら(Flash8)
このエントリーを含むはてなブックマーク| ダーヤマ | 19:36 | comments(4) | trackbacks(0) |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Recommend

Recommend

Adobe Flash CS4 Professional (V10.0) 日本語版 Windows版
Adobe Flash CS4 Professional (V10.0) 日本語版 Windows版 (JUGEMレビュー »)

ここにある待ち受けはこのソフトで作ってます。ありがたや。

FLASH待ち受けギャラリー

Search

Entry

Comment

Profile

Archives

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode

Sponsored Links


トップページお問い合わせ
Copyright © 2007 TopeconHero's . All Rights Reserved.
TopeconHero's(トペコンヒーローズ)